うまんちゅの惑星

40代。午年生まれ。夢を失い失望の連続で惑星の果てを彷徨ってる気分だが、“なんくるないさ”の気持ちで日々の出来事を綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

釣りキチ三平

釣りキチ三平

「釣りキチ三平」

公開:2009/03/20
製作国・年度:日本、2009年
配給・東映
上映時間:118分/V
鑑賞日:2009/03/29 丸の内東映1

監督:滝田洋二郎





昨日は都合で「ウォッチメン」を見れずに、急遽有楽町にて「釣りキチ三平」を見に行った。

1970年代から1980年代に駆けて「週刊少年マガジン」で連載された、釣り名人の少年を描く人気漫画を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が実写の映画化した。


内容は、東北の山村で祖父(渡瀬恒彦)と暮らす三平(須賀健太)は、大の釣り好きで、毎日釣りざんまいの日々で生活を楽しんでいる。
三平は村の鮎釣り大会でも、大人顔負けに無邪気に楽しむなか、バスフィッシングのプロ、鮎川魚紳(塚本高史)と出会い、伝説の“夜泣谷の巨大魚”の話を聞き、胸を高鳴らせる。
そのころ、東京に住む姉(香椎由宇)が帰郷して、釣りざんまいの弟、三平を無理やり東京に連れて行こうと画策するが…


午後4時10分、館内の客は約20名前後で、封切りからまだ9日しか経っていないのに寂しい。


出演の須賀健太、渡瀬恒彦は及第として、鮎川魚紳役の塚本高史はどうにも戴けない…
また今回初めてみる香椎由宇はインパクトはあるが演技が薄いよなぁ。

映像は伝説の“夜泣谷の巨大魚”を求めて、源流行シーンのロケ地の自然はたしかに美しい。
スクリーンを通して若干だけれど、マイナスイオンを感じる(大げさかもしれないけれど(笑))

やはり上映時間が長く感じるぐらいに脚本と映画のリズム感は悪い。
「ALWAYS 三丁目の夕日」を手がけた白組のVFXには違和感は感じなかったけれど、後半はさすがにやり過ぎ感はある。


この春も「ヤッターマン」「DRAGONBALL EVOLUTION」と、人気漫画原作の映画が実写化で公開されているが、この「釣りキチ三平」も含めて、漫画で育った人たちの思い入れを見事にぶち壊しても、実写化にこだわるべきであろうか?
前にもふれたけれど、個人的にはピクサーやドリームワークスのように3DのCGで描いたほうが遥かにマシだと思う。


劇場を出て、銀座のネオン街の誘惑に惹かれながら、体の中に取り込んだマイナスイオンが吐き出されるのが、実感できる日曜日の夜だった。





キーワード

「幸せな人は、誰の事も恨んだりしねぇ」

「頼んだぞ、相棒」

「チョコレート」




採点 ★


備考

100点満点で点数は★20点 ☆5点

★★★★★  有数の傑作
★★★★  見逃せない
★★★  見応え充分
★★  話題作だけど…
★  ダメだ、こりゃ…




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。