うまんちゅの惑星

40代。午年生まれ。夢を失い失望の連続で惑星の果てを彷徨ってる気分だが、“なんくるないさ”の気持ちで日々の出来事を綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

築地青空三代目

昨日の土曜日は青空のいい天気だったが、前日の風呂上りの寒空の中、星に願掛けをしていたおかげで少しばかり頭痛を伴う風邪ぽい症状に…。
この日のスポーツクラブはキャンセルにして、悩んだ挙句、築地へ出向く(え?理不尽だぁ?)

“日経プラス1”の記事で俳優の高橋克典が利用するとか、“大人の週末”で掲載されていたり比較的メディアで取り上げられていて、前から気になっていた鮨屋の「築地青空三代目」へ昼二時過ぎに入店。

青空店前

店名の「築地青空三代目」は、築地の仲卸の三代目と、青空鮨の三代目がタッグを組んで、2004年に開店したとの事。

通りの手前は屋台風の造りでおもに丼もの、握り鮨は奥側にある赤い橋構えの入口の中に。
14~5席のカウンターの小粋な造りの店内は4人の職人が立ち、店内もほぼ満席。

体を温める為にキツメの芋焼酎お湯割と、極上10貫+選べる2貫¥4200円を注文。

青空セット

極上10貫の内訳は大トロ、中トロ、アワビ、白身、蛤、穴子、ウニ、イクラ、牡丹海老、薄焼き。

さて口にしたところ、ネタは絶品か?と問われると、?がつきそうで、ばらつきがある。
特に気になるのがシャリ。幾分こぶりで温かみが伝わらない。
弟子らしき人が握ったせいかもしれないがトータルバランスで普通にしか感じない。

ただ選べる2貫を“本見貝”と“子肌”にしてもらい、店主らしき人が握ってくれたのは、流石に先に握った方に比べると違いが分るが、隣の人が食べていた海鮮丼ものが美味そうにみえるぐらい、握り極上10貫+選べる2貫、4200円には割高感がある。
因みに芋焼酎は¥850で、やはり割高だよなぁ。

セットには浜名湖の海苔のお椀が付きますが、このお椀は香りが良くて美味しかったのだが…
まぁ、日によってブレもあるでしょうから一回限りの利用での判断としては厳しいかもしれないので何度か訪ねてみるのもありかな?とも思う。

この日の利用金額は¥5350。
取り合えず次回は“アワビ丼”や“大トロ炙り丼”等、丼ものを食べてみたい。



お店情報/////////////////////////////////////////////////////


築地青空三代目

電 話◇03-3541-1055
住 所◇東京都中央区築地4-13-8 トラスト築地KNビル 1F
アクセス◇地下鉄日比谷線築地駅 徒歩5分/地下鉄都営大江戸線築地市場駅 徒歩5分
営業時間◇平日ランチ10:00~14:30 夕食17:00~22:30 土・日・祝 10:00~22:30
休業日◇月曜日

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。