うまんちゅの惑星

40代。午年生まれ。夢を失い失望の連続で惑星の果てを彷徨ってる気分だが、“なんくるないさ”の気持ちで日々の出来事を綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

赤倉観光リゾートスキー場 (2015.3)

3月28日(土)、今シーズン二回目のスキーに出掛けた。
場所は赤倉観光リゾートスキー場へ。


2:30 起床。
携帯にて赤倉方面の気象情報を確認すると晴れマーク。
寝袋の中でスキーに行くべきか、行かないか思考する。
しんどいなぁ~と思いつつ、悩んだ揚げ句に行くことを判断。

3:40 都内を出発。

4:35 関越道練馬I.C inで関越自動車道で走行。

6:10 佐久平 P.Aで休憩。

7:30 妙高I.Cを降りる。

妙高I.C近くのセブンイレブンでホットコーヒーとつぶあん入りコッペパンで朝食。


7:45 赤倉観光リゾートスキー場到着。(走行距離 294.2km)
スキー場へのアクセス道路の路面と駐車場は残雪無し。

赤倉観光リゾートスキー場

天気は薄い雲が広がっているが晴れている。
スキー場の気温は4℃。
積雪は410cm


リフト券を購入しょうとしたら、春シーズン料金に変わっていて、用意してきたクーポンがお得なリフトパック一日券に対応していない Σ(゚口゚;
急遽、スキー場のWEBからメール登録をして、食券や温泉入浴券は付かないけれど、500円OFFの2000円券を購入することが出来た。
この日のランチ代880円、入浴代250円を合わせると3130円になり、通常のリフトパック券を利用するよりも安く済んで結果オーライになった。

ウェアを着て、道具を準備して歩き始めたらふと異変に気づいた。
先週のコルチナではサングラスを忘れたが、今回はストックを持ってくるのを忘れちまった・・・Σ(T▽T;)!!
ついでにエネルギー補給の為にスキーの途中に食べている板チョコを持ってくるのも忘れちまった・・・
完璧主義者の僕としてはちょっと動揺してしまい、いろいろと考え込んでしまって、滑走開始が遅れてしまった。


妙高高原スカイケーブル

9:10 結局ストック無しで、ゴンドラに乗り込んで滑走開始。


ホテルBコース

パノラマ

この日の天気は朝の雲があっという間に消えて気持ちいい青空が拡がった。

ゲレンデコンディションは、先週出かけた白馬コルチナよりも積雪量や雪質が良かった。
リフト乗り場のスタッフによると、昨年よりも積雪が凄くて大変だったって話していた。

ホテルゲレンデコースの女子国体コースが競技の為に利用できなかったが、スキー場の利用者が少なくて、のんびりとマイペースで滑走できた。


ストック無しで滑るのはしんどい。
ストックだけのレンタル(レンタル料は500円)も考えたけど、たかがつっかえ棒ごときに500円も出すのが悔しくて悔しくて、意地でもストック無しで滑る決意は変えなかった _s(・`ヘ´・;)ゞ..

赤倉温泉側にある傾斜の緩いチャンピオンゲレンデコースに移動してみた。

妙高山

チャンピオンゲレンデコースは春休みだというのに利用者がほとんどいない。
ガラガラの貸切状態・・・ (; ̄Д ̄)
イコール異性との出逢いが絶たれる状態とも言う (; ̄Д ̄)


12:50 いつもより遅めのランチを取るためにチャンピオンゲレンデ前にあるレストランあいびすに寄った。

テリヤキチキン丼

店内には20名前後の客入りで静かすぎる。
メニューには選択肢が少なくて、前回も確か妙高山をかたどったライスがそびえ立つチキンカレーを食べたので、
今回は「テリヤキチキン丼(880円)」を注文した。
ご飯の上にレタスが敷かれて、テリヤキというより塩茹でのようなチキンが5,6個。
その上にマヨネーズがかかっている。
ちょいと満足感が足りなかった・・・
やはりカレーかラーメンにしておけばよかった (〃´o`)=3


一時間弱の休憩のあと、午後はホテルゲレンデコースに移動してスキータイムを再開。

ホテルCコース

日中の天候も風もなく陽射しが心地良かった。
僕にとってはヌチグスイの一日になった。


17:20、スキーを終了。

夕日

リフト利用回数は19回。
先週よりも疲労感はだいぶ和らいだ感じだった。


道具を片付けて、妙高高原駅方面にある入浴施設に向かう。

関川共同浴場

スキー場から車で10分くらいの住宅街にある「大字関川共同浴場」で入浴に出かけた。
住宅街の路地を入ったところにある小さな浴場は、地元住民が利用する小さな銭湯そのもの。
利用料金は外来客が250円で、自販機にて購入する。
窓口にはおじいさんが一人で番をしていて、脱衣所は六畳間くらいで質素な造り。
洗い場に入ると地元の高齢者の客が三名だけいた。




洗い場には石鹸、シャンプー類は備えていない。
カランは七箇所でその内シャワー付きは二箇所のみ。
水圧は弱い。

浴槽は5名くらいしか入れない六角形のような形状で、湯口から少量の湯が注いでいる。

関川共同浴場 浴槽

泉質は単純硫黄泉、源泉掛け流しで、お湯は硫黄の匂いがしてやや濁りがある。
源泉は、約10kmも離れた妙高山から温泉管で引湯していて、約70℃の源泉が、浴槽に注がれる頃には45℃前後にまで下がって適温になるとの事。

寂れている感じの浴場ではあるが、いい湯加減だった。
遊び疲れた身体を癒して気分をリフレッシュできた。



大きな地図で見る

新潟県妙高市妙高680-12
営業:13:00-20:30 月曜定休
料金:大人250円(外来)




18:35 東京に向けて、関川共同浴場を出発。

帰りは高速道路を使用せずに、国道18号で、須坂市内の406号で大笹街道の峠道経由で浅間サンライン経由で走行した。

22:00 安中のすき家で軽めの夜食を取ったあと、そのまま店舗の駐車場で仮眠。

夜明け前の4:25に安中を出て、東京にはAM7:30到着した。

給油は出発当日に都内で済ましていたので、往復無給油で済んだ。
走行距離は584kmだった。


今シーズンは天候不良や、昨年10月からの腰痛発症の為に、スキーに行くことは無理だろうなぁと、ほぼ諦めていた。
しかし、前週3月21日(土)に白馬コルチナへ出掛けてみて、腰への影響も無かったし、赤倉でも天気のいい青い空を眺めながらの滑走が出来てホントに良かった。
とりあえず、ここ赤倉は5月6日まで、ガーラ湯沢のほうもGW前後まで営業しているようだけど、今シーズンのスキーはこれで終了だ。
来シーズンまでには足腰の筋トレを再開して、疲れの残らない体力作りをしていきたい。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。