うまんちゅの惑星

40代。午年生まれ。夢を失い失望の連続で惑星の果てを彷徨ってる気分だが、“なんくるないさ”の気持ちで日々の出来事を綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

華麗なるギャツビー

華麗なるギャツビー


原題:The Great Gatsby
公開:2013/6/14
製作国・年:アメリカ映画・2013年
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:2時22分/CS/DOLBY・SRD
鑑賞日:2013/6/21  シネマイクスピアリ(S5)

監督:バズ・ラーマン
出演:レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン、ジョエル・エドガートン、アイラ・フィッシャー


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


輝いていた日は過ぎ去り、
過去は二度と戻らない。

ギャツビーは、宅邸の対岸に見える“緑の灯火”を信じていた。
年を追うごとに我々の前からどんどん遠のいていく、陶酔に満ちた未来を。
それはあのとき我々の手からすり抜けていった。
でもまだ大丈夫。
明日はもっと速く走ろう。
両腕をもっと先まで差し出そう・・・

「狂乱の20年代」と呼ばれ、空前の好景気に沸いた1920年代のニューヨーク。
宮殿のような豪邸に暮らし、素性も仕事も謎めいた大富豪のジェイ・ギャツビー(レオナルド・ディカプリオ)は、毎夜のように豪華絢爛なパーティを開いていた。
そんなある日、隣人の青年ニック(トビー・マグワイア)はギャツビーからパーティへ招待される。
ギャツビーはどこから来たのか? どうやって大富豪になったのか? 仕事は何をしているのか? 毎夜、何の為に豪華絢爛なパーティを開いているのか?
誰もその答えを知らない。
やがてギャツビーは、上流階級の令嬢デイジー(キャリー・マリガン)に会いたいと、ニックに相談する。
ニックはギャツビーが何か隠し事をしていると直感するのだが・・・

アメリカ文学古典の必読書と言われているフィッツジェラルドの小説「グレート・ギャツビー」を、「ロミオ+ジュリエット」「ムーランルージュ」のバズ・ラーマン監督がレオナルド・ディカプリオを主演にして描く。


バズ・ラーマン作品はクセがあるので好みではない。
「ムーランルージュ」がつまらない映画だったので不安だったけど、退屈はしない華やかな映画だった。

夜空に花火が盛大に打ち上げられ、美男美女が入り乱れるギャツビーの邸宅パーティー・シーンは、プラダやブルックスブラザーズの衣装やティファニーの宝飾品が銀幕の世界に散りばめられて、ジャズとヒップポップが融合した違う時代のサウンドがゴージャス感を重厚にしている。

ディカプリオは「タイタニック」の大ヒット以降、複雑でシリアスな演技ばかりで冴えない印象が続いていたけれど、やはりラブストーリーの映画では色気と存在感がある。

今の時代ならギャツビーのデイジーへの愛はストーカーだが、
ディカプリオが演じれば許されるが、僕がやればお縄がかかり拘置所直行ものだ (ノ_-;)

ギャツビーが追い求めていた信念は果たして中身がないんだろうか?
鑑賞後、時間が経つにしたがい、物語の虚無感が強くなる。
とりあえず、未読のままにしている5,6年前に購入した小説を読んでみようと思う。







─────────
■ キーワード
─────────



「いろんな困難を乗り越えてもボートをこぎ続ける」


「人生を支配しろ」


「神はすべてを見ている」


「女の子は美しくて馬鹿なほうがいい」


「皆クズばかりだ。君は価値がある」






─────────────────
■ 映画の採点  ★★★☆☆
─────────────────



備考

100点満点で点数は★20点 ☆5点

★★★★★ 有数の傑作
★★★★  見逃せない
★★★   見応え充分
★★    話題作だけど…
★     ダメだ、こりゃ…


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。