うまんちゅの惑星

40代。午年生まれ。夢を失い失望の連続で惑星の果てを彷徨ってる気分だが、“なんくるないさ”の気持ちで日々の出来事を綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ゼロ・ダーク・サーティ

ゼロ・ダーク・サーティ


原題:Zero Dark Thirty
公開:2013/2/15
製作国・年:アメリカ映画・2012年
配給:GAGA
上映時間:2時38分/CS/デジタル
鑑賞日:2012/3/12  シネマイクスピアリ(S9)

監督:キャスリン・ビグロー
出演:ジェシカ・チャステイン、ジェイソン・クラーク、ジョエル・エドガートン、ジェニファー・イーリー、マーク・ストロング


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2001年9月11日のアメリカ同時多発テロから10年。
ビンラディン暗殺作戦の舞台裏の中心人物にはCIAの女性分析官の存在があった。

世界規模の情報収集、スパイ活動、拷問、そして2011年5月2日に実行された、国際テロ組織アルカイダの首謀者オサマ・ビンラディン暗殺作戦の裏側を、「ハート・ロッカー」で見事アカデミー賞を受賞したキャスリン・ビグロー監督が関係者の証言を基に“リアリティ”に描く。


9.11のテロ首謀者とされるビンラディンを、CIAは予算も陣容も大幅に強化して行方を追うが、何の手がかりも得られずにいた。
そんな中、テロリストの追跡を専門とするCIAの女性分析官マヤ(ジェシカ・チャステイン)は、パキスタン支局のビンラディン追跡作戦チームに加わる。
アルカイダのメンバーに対する厳しい拷問でビンラディンに繋がる情報を引き出すも、どれも決定的な手がかりがなく、追跡作戦チームは次第に苛立っていく中、CIAの同僚が、アルカイダの自爆テロによって死亡してしまう。
多くの同僚を失ったマヤは、膨大な映像を検証するなど優れた情報収集と分析力、そして粘り強さを発揮して、ビンラディンに繋がると思われる“アブ・アフメド”という男の存在をつかむのだが・・・

タイトルの“ゼロ・ダーク・サーティ”とは、真夜中の“AM0:30”の軍事作戦用語を指す。


映画冒頭は暗い画面に9.11の時の無線や電話での交信状況の音声だけが流される。
アメリカの国外で、CIAによるアルカイダのメンバーに対する拷問。
電話も使わない、インターネットも使わない、無線も使わないオサマ・ビンラディンをどう追跡していったのか。
そして、映画後半は淡々と映し出される暗視ゴーグルによって緑色に照らされた暗殺作戦のリアリズムな映像。
だが、感情移入ができないから緊迫感が感じられない。
「一体何の為に、誰の為にこの映画を創ったのだろうか?」という感情しか浮かばなかった。

CIAとアルカイダは、もともとアフガン戦争でソビエトとい共通の敵と戦う仲間同士だった。
しかし、ソ連がアフガニスタンから撤退して以降、ビンラディンは中東支配を強めるアメリカを攻撃対象にして、多くのテロを仕掛けていく。
そして、2001年9月11日、アメリカ同時多発テロが起きる。

この映画ではCIAが絡んだ、対テロ戦争、タリバンとの関係、そして9.11テロ以前と以後に至るまでの背景や経緯は描かれない。
CIAの上司にもイスラム教信者がいたり、諜報活動の為にランボルギーニなどを購入するなどCIAの実態も事実なんだろうと思う。
CIAによるテロ組織アルカイダのビンラディンの暗殺作戦の裏側という“事実”の題材を、関係者の証言をもとに“リアリティ”に描かれるが、“真実”の出来事と錯覚する人も出てくるのだろうと思う。

事実の題材を基に映画化される作品はあまり深くのめり込まないことほうがいい。
事実を忠実に再現できたとしても、当事者じゃない限り、心情や感情なんて理解はできても共感なんてできないんだから・・・
キャメロンの「タイタニック」やスピルバーグの「ミュンヘン」のように、“事実”の題材を“劇映画”として割り切ったエンターティメントとして見られる映画が僕の好みだ。







─────────
■ キーワード
─────────



「屋敷を見つけたクソッタレです」


「返事待っている」


「君には逆らうなと忠告を受けた」


「どこへ行きますか?」






─────────────────
■ 映画の採点  ★★★☆
─────────────────



備考

100点満点で点数は★20点 ☆5点

★★★★★ 有数の傑作
★★★★  見逃せない
★★★   見応え充分
★★    話題作だけど…
★     ダメだ、こりゃ…

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。