うまんちゅの惑星

40代。午年生まれ。夢を失い失望の連続で惑星の果てを彷徨ってる気分だが、“なんくるないさ”の気持ちで日々の出来事を綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東日本巨大地震

地震の災害。
津波の災害。
そして、原発の災害。

夕方前からコンビニに設置しているテレビを見ながら、悪夢の恐怖に襲われていた。
段々と気分が悪くなり、息苦しくなった。
絶望感に襲われている。

今のところ、原発の炉心爆発という最悪な状態に至ってないのが分かっただけでも救い。


地震後のお台場

その時、埠頭構内で立っていると側に止めていたトラックが大きく震えだしていた。
何だろう?と思った次の瞬間に埋立地の地面が波打ち始めていた。
周りの巨大な倉庫が上下に揺れているのが目に入る。

とんでもない事になった。
新聞掲載の写真に映し出される被災地の状況に涙が止まらない。
僕には何が出来るのだろう?


今のところ建物の倒壊など身の回りの被害は少ない。
震源地の宮城県から離れているとは言え、あれだけの揺れにも関わらず、都心部は意外と耐震性の効果が大きいのは不幸中の幸い。

近くのガソリンスタンドではガソリン、軽油が売り切れで給油ができない。
コンビニやスーパーにはミネラルウォーターが無い。
水の確保は暫く厳しいみたい。

そして昨日と今日。

都内の空は何事もなかったような凛としたように青い。
東北に比べて都心の被害は少ないが、それでも、地震のダメージはかなり長引きそう…

朝食を求めて近くのコンビニを五ヶ所廻ったが、陳列棚はガラで食べ物が無い。
又、近くの動物病院前にいるけど、小犬を抱えなが笑顔でいる人々を見かけると、大震災から一夜明けた今の都内は、傍観者のように振舞う非日常の風景が妙に写る。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。