うまんちゅの惑星

40代。午年生まれ。夢を失い失望の連続で惑星の果てを彷徨ってる気分だが、“なんくるないさ”の気持ちで日々の出来事を綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

採点の修正(2010年)

2010年に鑑賞した映画の採点を見直した。

相変わらず辛口かなぁ、と思いながらも、年間を通して一番の作品を中心に、 相対的に再度、評価しなおした。


昨年は何と言っても「アバター」が火付け役となり、多くの3D映画が公開された年だった。
ただ、僕的には「アバター」を見てさえも3D映画に対しては今後も見たいと言う気持ちにはなれなかった。
メガネを通しての画面の色彩の無さや、鑑賞後の疲労感、そして料金の割高感等、どれも新世紀の3D映画に対しては期待感が高かっただけに満足することは出来なかった。
画面のクリア差や音響面で印象に残るのは「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」で初のデジタル4Kを体験したこと。
フィルム上映のざらつき感がなく、想像以上の画質と音響に、ある意味3D映画よりはちょっとばかり驚いた(笑)

鑑賞本数は前年より5本減少した。
今回の採点修正では5星は1本も無かったが、前年に比べてブレ具合は減ったかもしれない。


※()内は鑑賞日とその時の旧採点
赤色の採点は上位ベスト3




アバター ★★★☆☆
(2/1 ★★★☆☆)


カールじいさんの空飛ぶ家 ★★★☆
(2/10 ★★★☆☆)


インビクタス/負けざる者たち ★★★☆☆
(2/27 ★★★☆☆)


シャーロック・ホームズ ★★★☆☆
(3/22 ★★★☆☆)


マイレージ、マイライフ ★★★★☆
(4/2 ★★★★)


第9地区 ★★★★
(4/23 ★★★★)


ハート・ロッカー ★★★☆
(5/1 ★★★☆)


プレシャス ★★★
(5/7 ★★★)


アリス・イン・ワンダーランド ★★★★☆
(5/22 ★★★★)


孤高のメス ★★★★☆
(6/12 ★★★★☆☆)


アイアンマン2 ★★★
(6/25 ★★★☆)


マイケル・ジャクソン THIS IS IT ★★★★
(7/9 ★★★★)


必死剣鳥刺し ★★★
(7/24 ★★★)


告白 ★★★★
(8/6 ★★★★)


インセプション ★★★
(8/13 ★★★)


アラビアのロレンス ★★★☆☆
(9/15 ★★★☆☆)


ナイト&デイ ★★★
(10/9 ★★★)


エクスペンダブルズ ★★★☆
(10/23 ★★★☆)









備考
100点満点で点数は★20点 ☆5点

★★★★★ 有数の傑作
★★★★  見逃せない
★★★   見応え充分
★★    話題作だけど…
★     ダメだ、こりゃ…



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。