うまんちゅの惑星

40代。午年生まれ。夢を失い失望の連続で惑星の果てを彷徨ってる気分だが、“なんくるないさ”の気持ちで日々の出来事を綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

サザンオールスターズの30周年記念ライブ 「真夏の大感謝祭」

昨日、新横浜の日産スタジアムに、サザンオールスターズの30周年記念ライブ
「真夏の大感謝祭」の最終日公演に行って来た。

当日、朝から雨模様でやや肌寒い。

スタジアム スタジアム内


午後にかけても雨脚はやむ気配は無く、コンサートに行くのを躊躇したが、
結局合羽を用意して会場へ向かった。

大粒の雨が降る中、会場はほとんど埋った。

スタジアム入り口

6時、5分前、いよいよスタジアムがざわめき始める。
オープニングは横浜マーチングバンドが “I AM YOUR SINGER”“勝手にシンドバッド”を演奏。
そしてサプライズゲストでサッカー選手、“三浦知良”のキックオフで最終公演の開会宣言をした。

続いて大型スクリーンにDJの小林克也がサザンのライブについてコメントした後、
アロハシャツ姿で桑田が登場し、たぶん伝説になるかもしれない?幕が開いた!

1曲目は“YOU” 続いて“ミス・ブランニュー・デイ”
3曲目は多分“Love Affair~秘密のデート~” 、このあとの僕には曲順が覚えられません(^_^;)
前半約5~60分、ノンストップで20数曲をメドレー形式で歌いまくるのは圧倒的。

後半は“希望の轍” “OH!! SUMMER QUEEN ~夏の女王様~” “エロティカ・セブン”
“ボディ・スペシャルⅡ”“マンピーのG★スポット”で会場は総立ち、ボルテージは最高潮に!

3時間余りのライブ、締めのアンコールには
“夕方HOLD ON ME”“みんなのうた”(僕のマイベスト曲です)
“勝手にシンドバッド”最後の曲は“YaYa~あの時代を忘れない~”

ライブの最後は、メンバー全員が挨拶を…
桑田さんは会場のみんなに「死ぬなよ」と叫んだ!
そして大型スクリーンに「つづく…」という文字を残して、メンバー全員がステージを降りた。


スタジアム内横

チケット



主催者発表では7万人の観衆で、最終的にはサザン史上最多の全46曲が歌われたとの事。

30年間、第一線で活躍し続けた“サザンオールスターズ”の集大成のライブは、
見納めになるかもしれないけど、一日たった今でも宴の虚脱感はない。
何故何だろう?

ただライブ中、桑田さんが何度か“解散”を否定して“帰ってくる”と口にしたことが
妙に引っかかったが、「つづく…」という文字に今後の“サザンオールスターズ”への
希望の轍を抱いてみたい…

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。