うまんちゅの惑星

40代。午年生まれ。夢を失い失望の連続で惑星の果てを彷徨ってる気分だが、“なんくるないさ”の気持ちで日々の出来事を綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ねこざんまい

秋晴れで昨日、今日の沖縄地方は天気が良く気持ちいい。
那覇の安謝新港から市内中心部向けにぶらぶらと散歩を楽しんだ。

国際通りから桜坂を抜け壺屋向けに向かう途中、桜坂で見かけた三匹の猫たちは気持ち良さそうにまったりしている。

桜坂のまったり猫
どんな夢を見ているんだろうかなぁ

桜坂のまったり猫2
置物ではありません! 触らないでねぇ~

桜坂のまったり猫3
どこ見てんのよぉ~


壷屋やちむん通りを歩きながら、所々やちむん店を覗く。
人間国宝金城次郎さんのやちむんの値札を見ると、数十万単位の値が付いている。
やちむんの価値が判らない僕には手の届かない品々を眺めるだけでもため息がでる。

熱いトタン屋根の猫

店を出ながら屋根を渡り歩く猫を発見。
これぞまさしく熱いトタン屋根の猫だ。
喧嘩上手な顔付きをしている。

熱いトタン屋根の猫2

「沖縄県知事選は誰にした?」と、上から目線で問いかけられたので、意中の候補者を教えると、彼いわく、
「誰が知事になろうと、世界はここ5~10年で時代の大転換が起こる。もちろんこの小さな島も必然的に逃れられないのは君にも分かるよな?。焦りや不安、そして怖れと向かい合いながらも価値観の変化で右往左往せず、例えが悪いが、一部の猫達は人間に甘えて野生の心さえ忘れる許し難い状況なのだから、激動の時代変化にのみ込まれて、なすすべも無いだろう。我ら野良猫のように君らも自然を敬いながら、物事に対して感謝の心を忘れずに、たとえ、知事選の結果がどんな未来予想図になろうとも、動揺せずに受け入れろよ!」と、長々と説教された。

この猫が言った事は、政府や政治に愚弄されてきた県民の為に良かろうとの説教と思うことにして、僕はめんどくさいので猫に反論はせずに、感謝の心を伝えてその場を去った。
しかし、主義主張を持ついろんな猫が多いので、散歩するのも疲れるさぁ~(^_^;)



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。