うまんちゅの惑星

40代。午年生まれ。夢を失い失望の連続で惑星の果てを彷徨ってる気分だが、“なんくるないさ”の気持ちで日々の出来事を綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

立ち食いすし処 ちよだ鮨 築地店

DVDを捜し求めて、池袋のヤマダ電機とHMVへ足を伸ばした。
あいにく掘り出し物はなかったけれど、「M:Iコレクターズセット」と「ザ・ペーパー」を購入。
帰りは久々に鮨が食べたくなり、行きつけの築地に向かった。


ちよだ鮨店舗

鮨好きにとって、沖縄に帰るとなかなか鮨店巡りが出来なくなるのが残念になる。

地下鉄有楽町線新富町駅から築地向けに歩いていると、「立ち食いすし処 ちよだ鮨 築地店」という店の側を通り過ぎながら、微妙に気になったので引き返して店内に入った。

店選びにセンスがないので、行きつけの店以外を開拓しようというフロンティアスピリットに欠ける僕としては、店に入る前の心境としては大きな冒険なのである。




ちよだ鮨店内

明るい店内のせいなのか、窮屈な感じはしない。
もちろん立ち食い店なので、席はカウンターのみで15、6人でいっぱいって感じです。
カウンター内には3人の職人が鮨を握っていて、1貫80円から200円、1貫から注文できる。




この日は19:00頃に入り、中生(¥480)と、みちしお12貫盛(¥890)を頼んで、その後お好みで4貫を食べて、合計¥1690で済んだ。
鮨は小ぶりでネタはそれなりに新鮮って感じを受ける。
しゃりのほうも、品川の「うず潮」の立ち食い店で食べた時のような、いかにも機械が握ったような型崩れがないのは好感がもてる。
職人の感じもいいし、気軽に鮨をつまみたいと思うときには、格安料金でコストパフォーマンス的には十分満足できると思う。


12貫盛
■ みちしお12貫盛(¥890)


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。