うまんちゅの惑星

40代。午年生まれ。夢を失い失望の連続で惑星の果てを彷徨ってる気分だが、“なんくるないさ”の気持ちで日々の出来事を綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新郎 Ⅹの献身

“ 悔い改めよ ”

式場に到着して、厳粛な空気を感じながらふとそんな言葉が頭によぎってきた。
式の最中、僕はこれまでの自分の人生を振り返りながら、もう一度素直で謙虚になりたいと願っていた…


実は週末、堤真一似の友人の結婚式へ出席する為に、沖縄に帰省した。


先週から続いている体調不良は、動悸は収まっているけれど、依然として血圧が下がってくれない状態である。
偏頭痛ぎみで気分も冴えず、式に参加できるだろうか?と幾分不安な気持ちになった。
実家を出る前に飲んだ頭痛薬が以外に効いたおかげで、式場に到着した頃にはなんとか耐えられる状態まで回復してきた。

教会

本来ならこの場で彼を紹介したいのですが、本人がそれだけは勘弁してくれとのことで、後姿の写真のみ掲載します。

新郎の肩幅を見て頂いてわかるように“堤真一”の空気を感じて頂ければ幸いです…(;´▽`A``
新婦は“松雪泰子”似の綺麗な女性で、ヴァージンロードを歩く二人の姿を見て、この二人なら間違いなく幸せになれるオーラを確認できました…あぁ~羨ましいなぁ (~ヘ~;)ウーン



ところで体調以外に不安な要素が、足元にもうひとつあった。


靴1
問題の原因はこの革靴。
昨年参加した披露宴の際に、靴底が剥れて慌てふためいた記憶があり、リペアショップで応急措置して頂いただけで、本格的な修理を施してなかった。
案の定、玄関先で右側の靴底が剥れてしまった…Σ(゚д゚;)


さすがに今回は予期していたので冷や汗は出さずに済んだ。

仕方ないので、親父の使い古した靴を借用して式場へ急いだ。


ところが、
駐車場から式場へ歩いてる途中、油断していた僕に新たなる衝撃が訪れようとは想像していなかった。

靴2
最初は左側の靴先に違和感を感じた瞬間に足元を見ると、爪先部分のゴムが剥れているではないか…!!(ノ゚□゚)ノ…

どうしょう?と悩んでいる次の瞬間に、ナント今度は右側の靴底が先程の状態のように剥れている…Σ(゚皿゚) ワォー
さすがに動揺が走った。

僕はその時に悟った。
たとえ靴底が抜けようとも、又は出先で履き違いによる靴の紛失があったとしても、どんな試練にも靴せずに、失礼、屈せずに、一歩づつ歩んでいくつもりだ。



ホントハズカシィって感じで焦るなか、
僕は足元が吸い付くような歩き方と忍者走りで、参列者に気づかれないように最大限の注意を心がけた。


歓迎の一皿


○歓迎の一皿












ホテル特製オードブルバリエ
                                                     ○ホテル特製オードブルバリエ 菜園風








真鯛と貝類の取り合わせ

○真鯛と貝類の取り合わせ
 グリーンソースとエシャロットバターソース







野菜のクリームスープ
                                                     ○野菜のクリームスープ








シャンパンのグラニテ

○シャンパンのグラニテ








牛ヒレ肉のロースト
                                                     ○牛ヒレ肉のロースト
 ポテトのグラタンと旬温野菜添え








マンゴーのムース
                                                     ○マンゴーのムース 季節のフルーツ添え










僕もおこぼれの幸を探したけれど、しょせん足元がおぼつかないので、つぶらな目を伏せながら、おいしい料理に舌鼓を打った。


この披露宴は、こんな方程式で表すことができる。

永遠の愛=α×(♪×β+サルサ)×笑点+スクリーンへの招待×I/(★+♀×♂) 



因みに披露宴での素敵なレディとの出逢いは o(・_・= ・_・)o 
残念ながらなかった…悔しい
原因はたぶん、いや、きっとレディ達に僕の足元を見られたハズだからであろう…
ホント恥ずかしい限りである (>▽<;;

ウエディングケーキ


ホントにいい披露宴であった。

新郎新婦の幸多き人生を願いつつ、披露宴をあとにした。



そして、僕の周りで披露宴を挙げる友人知人は、誰もいなくなった。
寂しい気分だなぁ (;-_-) =3 フゥ

いや、待てよ…そう言えばあいつがいたな!
“神田正樹”をふっくらにした感じのあの男が…
そう、彼の披露宴を期待したいのだが、71%の確率でそれは無いと思う…|;-_-|=3 フゥ




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ご苦労様でした。
ところで沖縄はどうでしたか。南国はさすがに暖かかったでしょうね。体調もこちらにいるより良くなるのでは。
お大事に。

carry | URL | 2010年04月20日(Tue)21:04 [EDIT]


carryさん

週末の金曜日の羽田は雨で気温は5℃前後で
空路約3時間弱の沖縄の気温は21℃でした。
天気も穏やかで、1泊2日の短い滞在でしたけれど、
多少、安らぎの時間は得られました。
やはり故郷は落ち着ける場所ですね。

トムソーヤ | URL | 2010年04月21日(Wed)14:05 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。