うまんちゅの惑星

40代。午年生まれ。夢を失い失望の連続で惑星の果てを彷徨ってる気分だが、“なんくるないさ”の気持ちで日々の出来事を綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

さよなら冬の日

さよなら冬の日

雪降る夕立のゲレンデ
いちばん素敵な季節がもうすぐ終わる
「時が止まればいい」
林の影でつぶやく女見ていた
さよなら冬の日
今シーズンも忘れないよ
粉雪に舞いながら
僕は子供に帰っていくよ





今年六回目のスキーは、出発前は今シーズン当初の目標だった野沢温泉スキー場か、志賀高原方面へ出掛けたかったが、どうも気分が乗らずに、1月に続き2回目の利用になる、長野県北安曇郡小谷村にある「白馬コルチナスキー場」へ予定を変更した。
野沢温泉スキー場、志賀高原方面へは、来シーズンへ持ち越しになりそうだ。




東京を深夜3時20分に出発して「白馬コルチナスキー場」へは午前8時30分に到着した。

ホテル正面

標高が高くて、豊富な雪の量と最高の雪質を誇るここのスキー場も、一部ゲレンデは土肌も露出して、スキーシーズンもいよいよ終盤が見えてきている。
ゲレンデの状態はザラメ砂糖のようなみぞれ状態で、コンディションはそれほどよくはないけれど、それでも僕は心を込めて一滑入魂で雪の地面を踏みしめた。

池の田ゲレンデより

この日の天気は薄い靄がかかったような晴で、気温も春のような暖かさで、この陽気により50Mプール6杯分位は、ゲレンデの雪が水に溶けたはずだと、僕の目測と勘では想像した。


ランチは、ゲレンデ前のホテルグリーンプラザ白馬にある「レストランアルプス」で、メニューにある1日限定15食の“海鮮重”を食べたかったが、品切れで仕方なく“カツカレー”を注文。
料金は¥1100。

カツカレー

しかし、ライスにカレーのルーを滴らしてしまうなんて、緊張感が足りないよなぁ~(*`へ´*)
今思えばカレーじゃなくて“ジャンボハンバーグステーキ&ライス”にすればよかったと後悔している…あぁ~悔しい

アルプス

ゲレンデを見渡せる窓際で男一人、カツカレーを食っている姿は、強がりを見せていても寂しい(笑)
店内に一人でいることが惨めになり、できるだけ哀愁を見せずに店を出ようとしたが、レストラン内はそれほど混んでもいないので、恥を忍びつつ、周りの人達と目を合わせないように、猫背のように静かに、“夢をあきらめないで”を口ずさみながら、法定規則の休憩時間をとった…
(前回と同じフレーズではありませんが、くどくなったことをお詫びします… (;^_^A (汗)・・・ )



崖の上のポテト&コーラ
引き上げる前に最上部のコース端に腰を下ろし、崖の上でポテト&コーラをつまみながら、やはり移民政策をとらなければ、人口減少が続くこの国に、未来はないのではないのか?、そして、子供手当ては有効に使われるのか?と国の現状を憂いながら、どこにもいない麗しき女性の事を考えた。





結局リフトの利用回数は27回で、目一杯滑りまくった (゚ρ`)ァー ツカレタ



午後5時過ぎにスキー場を出て、
ゲレンデ前のホテルにある大浴場「奥白馬温泉(白馬コルチナ 美人の湯)」へ
入浴料は1000円。


尚、ここのゲレンデでも、麗しきの女性との出会いはなく、淋しい背中姿を隠しながら一人、東京へ向けて午後7時45分にスキー場を跡にした。
心身の疲れのせいで、中央道のPAで二度の仮眠をとり、東京へはいつもより遅くなって朝8時40分に到着した。


いよいよ来週が今シーズンのラストスキーになるのかな…


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。