うまんちゅの惑星

40代。午年生まれ。夢を失い失望の連続で惑星の果てを彷徨ってる気分だが、“なんくるないさ”の気持ちで日々の出来事を綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

上越国際スキー場

愛と希望を求めて
昨日の土曜日、今年四回目のスキーに行ってきた。

ちなみに僕の言う愛と希望とは、今シーズンこそ“ゲレンデの恋”で麗しき女性と出会うこと。
その日を堺に、僕の人生が変わるハズだ…  たぶん きっと いつかは…
(前回と同じフレーズが続くのは、お約束事なのでご勘弁のほどを… (;^_^A (汗)・・・)


上国入口
今回の場所は、新潟県南魚沼市にある「上越国際スキー場」で、利用は初めてである。

東京を深夜3時40分に出発。

「上越国際スキー場」へは、関越道塩沢石打ICから約7~8分の距離で午前8時にスキー場の大沢ゲレンデへ到着。



大沢ゲレンデ

この日の天気は午前中が薄曇のなかに僅かに青い空が垣間見えて、滑り終わる午後には強めの雪が降り始めたので、まぁまぁの1日であった。

マザーズゲレンデ全景


しかし、来場前の想像した印象に比べると、雪質はそれほど悪くはないけれど、期待はずれのスキー場だった m(。≧Д≦。)m

ゲレンデはEastの長峰、美奈ゲレンデ、Southの大沢ゲレンデ、Westの当間ゲレンデ、Northのパノラマゲレンデの4つのエリアに分かれており22のコースがある。

フェアリーベル


確かに広大なスキー場ではあるが、4つのエリアへの移動にアクセスが悪く、リフトのスピードも他のゲレンデに比べると遅いので、時間が無駄になっているし、スキー場全体の標高もそれほどでもないのでビューポイントも在り来たりの印象である。
来場者の8~9割はスノーボーダーで、スキーヤーには居心地が悪い気がする。
特に、ホテル前の長峰、美奈ゲレンデはアリさんの行列のごとく混んでいて、ここは歩行者天国か?と思うしだいである。

当間ゲレンデ

4つのエリアの中では、Northのパノラマゲレンデは滑りやすかったけれど、「おしるこ茶屋」前のリフトは混みすぎでどうも頂けない。
ただ、ホテルグリーンプラザ上越正面のゲレンデは、小さな子供連れのファミリー向けには楽しめると思う雰囲気がある。

ホテル前ゲレンデ


しかし、僕には友達もいないし、恋人もいないし、孤独だし、寂しいし、人相も悪いし、頭も悪いし、体もひ弱だし、あと悪いところは…思いつかないけれど、北欧調のお洒落なホテル前では、僕の人間的器があまりにも貧相に感じられたので、その場を急いで離れた(; ̄ー ̄A


新潟醤油角煮ラーメン

ランチは、長峰ゲレンデにある“サンモリッツ”という店で“新潟醤油角煮ラーメン”を注文。
料金は¥1180。
濃い醤油スープに、柔らかな卵と角煮のスキー場ならではの割高なラーメンである、しょうがないけれど(笑)




男一人でラーメンを食っている姿は、強がりを見せていてもやはり寂しい(笑)
混んできた店内に一人でいることが惨めになり、できるだけ哀愁を見せずに店を出た…
決死の覚悟を持って、白銀のコースを滑りまくる為に… 力の続く限り…
(前回と同じフレーズが続くのは、お約束事なのでご勘弁のほどを… (;^_^A (汗)・・・)



結局リフトの利用回数は32回で、目一杯滑りまくった (゚ρ`)ァー ツカレタ


午後5時20分にスキー場を跡にして、
近くのコンビニで教えてもらった、共同浴場「島新田温泉 金城の里」へ向かった。

入浴料は320円。

金城の里
国道17号から六日町方面に進み、塩沢駅前を過ぎ、セブンイレブンのある島新田交差点を右折して、4~500mあたりの右側に煙突が見える、魚沼環境衛生センターの隣にある。
地元の人に教えてもらわないとなかなかわかりづらい浴場だ。




施設自体は周辺地域住民の為の共同浴場のようで、休憩室として利用できる広めの和室はあるけれど、なんだか田舎の公民館みたいな感じ。
御影石張りの浴室は、8つの洗い場と12~15人程度入れる内湯だけのこじんまりした作り。
泉質は無色透明、無臭の湯は若干熱めで「アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性高温泉)」、加水なしの源泉掛けしで、加温有りと表示されている。



すでにご存知とは思うけれど、今回も麗しき女性との出会いはなく、淋しい背中姿を隠しながら一人、東京へ向けて午後7時に浴場を跡にした。
帰り道は吹雪のごとく天気は荒れだしてきた。

スキー疲れなのか、それとも出会いのないせいでの心身の疲れのせいか、関越道のPAで仮眠をとり、東京へは早朝5時15分に到着した。



ところで、「金城の里」、「当間ゲレンデ」、そしてスキーの休憩時に食べた「かっぱえびせん石垣の塩味」に、沖縄を思わせる名前を感じたのは単なる偶然なのだろうか、それとも、次回こそ奇跡の出会いがある暗示なのか・・・( ̄  ̄;)


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

スキー場って外国みたい!
ユーモアと悲哀を織り交ぜて、文章がうまい!
スキーっていつごろまでできるのかな。2月いっぱい?それとも3月?

carry | URL | 2010年02月21日(Sun)22:16 [EDIT]


Re: タイトルなし

確かに、白馬コルチナと、ここのゲレンデ前にあるホテルは、北欧調のデザインのお陰で、まるで異国の様な感じを見せています。

滑れる期間は、場所にもよりますが、3月末迄は大丈夫そうです。

Carryさんは、スキーやスノーボードなどはやられてはいませんか?

僕がスキーを続けている理由は、ビューポイントの素晴らしい風景を眺めることと、滑り終えた後の温泉と美味しいビールを味わう為に、自己流ですが、好き勝手に滑ってます。
決して冬期オリンピックを目指している訳では無いんです f^_^;)

トムソーヤ | URL | 2010年02月22日(Mon)12:43 [EDIT]


スキーはいつ始めたのですか。沖縄出身でスキーする人って多いのでしょうか。
なんか不思議です。

carry | URL | 2010年02月22日(Mon)20:02 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。