うまんちゅの惑星

40代。午年生まれ。夢を失い失望の連続で惑星の果てを彷徨ってる気分だが、“なんくるないさ”の気持ちで日々の出来事を綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

カールじいさんの空飛ぶ家

カールじいさんの空飛ぶ家
「カールじいさんの空飛ぶ家」


原題:UP
公開:2009/12/5
製作国:年度:2009年 アメリカ
配給:ブエナビスタ
上映時間:1時間43分/V
鑑賞日:2010/2/10  イクスピアリ(S14)

監督:ピート・ドクター/共同監督:ボブ・ピーターソン
声:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、ジョン・ラッツェンバーガー、エリー・ドクター、ジェレミー・リアリー、クリストファー・プラマー


※同時上映短編「晴れ ときどき くもり」






「バレンタインデー」「アリス・イン・ワンダーランド」「NINE」「マイレージ、マイライフ」「シャーロックホームズ」…等、波長の合う予告編をみているだけでも楽しい。
一昨年に起きたハリウッドの脚本組合のストライキの影響なのか、はたまた、経済不況のせいなのか、去年は魅力ある作品が少なかったが、昨年末から、見たいなぁと思う新作映画が多くなってきた。
特にスピード感ある映像表現が印象にある、キャサリン・ビグローの「ハート・ロッカー」に期待したい。



さて、昨夜はピクサー作品長編第10作目「カールじいさんの空飛ぶ家」を鑑賞した。

愛する妻を失い、思い出の詰まった家の周囲が再開発の波に飲み込まれ、周りからは偏屈な老人に視られたカールじいさんは、強制的に老人介護施設に送られそうになった。
カールじいさんは「いつか旅行に行こう」と妻エリーと約束した伝説の滝、パラダイス・フォールへ向かう為に、家に大量の風船を結びつけ、亡き妻の思い出が詰まった家ごと大空へ旅立つ。
だが、偶然乗り合わせた少年ラッセルと共に、思わぬ冒険に巻き込まれるが…


最初の10分間で泣かされる、と前評判が高いらしいけれど、やはり僕は普通の人と常識がズレテイルせいなのか、うまく波に乗れなかった(汗)
しかし、前作の「ウォーリー」の時も期待した割には、“こんなもん”って感じがあったので、過度の期待感を持たなかったおかげで、ピクサー作品では「モンスターズ・インク」以来の面白さを感じた。

全米での公開が近かったせいなのか、カールじいさんの設定が、イーストウッドの「グラントリノ」に似ているなぁと感じながら、老人の冒険物語を楽しむ事ができる。
幼い子供でも楽しめるシンプルさと、ある意味インディ的+ディズニー的なアクションに好感が持てたのは、ピクサーアニメで僕が今までに感じた、CGによる微妙な癖をあまり感じずに、今、巷のリコール問題で話題になっている“フィーリングの問題”程、違和感が無かったせいだろう(笑)
ただ、月光を受けながらの夜間飛行や、幻想的な浮遊シーンを期待したけれど、それが無かったのは残念だが、欲を言えば、雲の上を飛んでいく家のシーンをもう少し長く見ていたかったなぁ。

幼い頃の僕もいろんな夢をみて、楽しい事を想像をした。
メリー・ポピンズのように大きな傘や、大きな風船を付けて大空を飛んでみたいなぁと想像していたんだよなぁと思う。
大型台風の時には傘を開いて酷い目にもあいましたが…
それが、現実を知り、借金を背負い、多くの女性に騙されて、多くの女性に踏みつけられて、多くの女性に痛めつけられて、成れの果てが今の自分だと思うと…哀れでなりません (;^_^A ・・・



そう言えば十数年前に話題になった�風船おじさん�のことが思い浮かんだ。
あのおじさんはどんな人だったんだろう…
空を飛びたいと願う、少年のように純粋な人だったんだろうなぁ、と思う。

ところで、
僕のマイホームはコンクリート住宅なので、大量の風船をつけても浮かばない。
いや、多額の住宅ローンが残っている為に、金融機関によって、飛んでいかないようにクサビと、重りが巻きつけられている。
人生の夢も、財布の中身も萎み続けている、こんな現実から逃避行したい…
そう思いながら、今夜は“神田正輝”似の友人と場末の酒場に行くことになった ~(=^‥^A





キーワード


「わたしの冒険ブック」


「リス」


「カウカウ、ガゥオー」


「十字を切って」


「ありがとう。新しい冒険を始めてね…」





採点 ★★★☆☆



備考

100点満点で点数は★20点 ☆5点

★★★★★ 有数の傑作
★★★★  見逃せない
★★★   見応え充分
★★    話題作だけど…
★     ダメだ、こりゃ…

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お元気でしょうか。わたしは『インビクタス 』を観たいのですが上映時間がどうもわたしの予定に合わなくて・・・どうしようってところです。

carry | URL | 2010年02月18日(Thu)20:39 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。