うまんちゅの惑星

40代。午年生まれ。夢を失い失望の連続で惑星の果てを彷徨ってる気分だが、“なんくるないさ”の気持ちで日々の出来事を綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

初夢

現実での日常生活の方が悪夢続きの連続で、怖い夢を見ても、感度が鈍っていて、目覚めが特に悪いと思うことは無いけれど、今朝の夢が初夢のせいなのか、穏やかな内容で心地よい朝を迎えることが出来た ^^;

夢は、昔の職場の仲間達とピザ屋でワイワイと食事をするだけのいたってシンプルな内容。
たったそれだけの内容だけれど、いろんな想念が頭によぎる。

特に最近よく思うのは、もし二十代、三十代で僕が奇跡的に結婚でもしたら、家庭生活は絶対に維持は出来なかっただろうなぁと思う事。
もし、今のような不況下において、家族を守る経済力や精神力など、果たして持てたのだろうか?
僕のような人間だったら、多分、配偶者や子供達を路頭に迷わせる恐れは間違いなくあったんだろうなぁと考えるのだ。
そんなことを考えると、結婚してなくて本当によかったと思う。


なんて表現して良いのか、最近、精神年齢がようやく実年齢にシンクロした感を覚えるのだ(#^.^#)


ところで、今朝の夢には当時、想いを抱いていた“野生的”な(笑)女性も笑顔で登場したのには、僕にとってはささやかなサプライズだった(⌒▽⌒)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

うたたねに 恋しき人を見てしより 夢てふものは 頼み初めてき(小野小町)

日記を拝見してふとこの歌を思い出しました。


>精神年齢がようやく実年齢にシンクロした感
わたしも努力はしているのですが、なかなか。早くしないと追いつかないままになりそう(あせ

carry | URL | 2010年01月07日(Thu)23:12 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。