うまんちゅの惑星

40代。午年生まれ。夢を失い失望の連続で惑星の果てを彷徨ってる気分だが、“なんくるないさ”の気持ちで日々の出来事を綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

政権交代

梅雨明け後の東京は暑い日々がまだ始まったばかり。
寝苦しく、睡眠時間も満足にとれていない (T_T)
これから9月上旬までの辛い日々を、体力温存をしつついかに乗り切るか…

寝苦しいのは政治家の皆様方も同じだろう。
東京都議選の結果は予想通りの結果か?
それとも、予想を超えた結果かは人それぞれであろうけれど、
今度の衆議院選挙に与える影響は大きいだろう。


今後、この国の未来はどうなるのであろうか?


小泉政権のあと、安部、福田、麻生と、選挙もせずに政権のたらい回しばかりした与党の面々にも、いよいよ悪夢のフィナーレが訪れつつある。

ねじれ国会のお陰で、現在の政治状況はマイナス点ばかり強調されがちだが、与党や官僚にとって都合の悪い数々の問題が焙り出された点は、この国の将来にとって良かったかもしれない。
年金問題や医療問題を含めた社会保障制度の無残さを知るにつけて、国民の誰もが将来に不安を抱いているのに、ここ数年マスコミを含めて、与党の皆様は政権維持に固執する為の情報操作ばかりで、国民生活を蔑ろにしてきたツケすら理解できない有様である。

与党の皆様は、さっそく見苦しい醜態を表し始めているが、この任期の4年間の反省すら出来ない位に自分の身分が大事らしい。
失業して、どん底におちる気持ちの辛さを味わう絶好のチャンスはもう目の前に迫っている。


政治の風向きを利用して、己の利権の為に、この国の偽善者どもは、落ち度のない国民がいったいどれだけ不幸になっているのか、知っているのだろうか?


民主党政権になった場合は、徹底的に自民党組織を壊滅に追い込む態勢を整えなければ、細川政権のように尻すぼみになり、今後数十年は万年野党になるであろう。
逆に自民党はなりふりかまわずの政権維持の為、ここ数年のろくでもない政権運営で、国力低下はもとより、社会疲弊を招いた認識を変えない限り、今後支持は得られないだろう。
ジタバタせずに今後に繋がる敗戦処理を考えるべきであろう。


ところで、郵政選挙で圧倒的な勝利を収めた小泉はなぜ郵政民営化のみの改革だけで、地方分権改革や霞ヶ関改革まで一気に推し進めなかったのであろうか?
この国の将来を安定的にそして力強い未来への道しるべとしてのビジョンを描けたはずなのに…
中途半端な改革の結果がこの有様を招いたのではないか?

政治家も、霞ヶ関の連中も、利権維持の為に政治の風向きにバイアスをかけて誘導しても、結局“自然”の摂理には逆らえないことを理解しない限り、権力の座は逃げていくばかりか、ビジョンすら描けないこの国の未来は、周辺国や新興国の後ろ姿を追いかける羽目になるのは時間の問題である。


そんな彼らの罪は本当に重い。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。