うまんちゅの惑星

40代。午年生まれ。夢を失い失望の連続で惑星の果てを彷徨ってる気分だが、“なんくるないさ”の気持ちで日々の出来事を綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アナと雪の女王

アナと雪の女王

原題:Frozen
公開:2014/3/14
製作国・年:アメリカ映画・2014年
配給:ウォルト・ディズニー
上映時間:1時42分/CS/デジタル
鑑賞日:2014/7/25  シネマイクスピアリ(S9)
同時上映:短編「ミッキーのミニー救出大作戦」


監督:クリス・バック/ジェニファー・リー
声(役名):クリステン・ベル(アナ)、 イディナ・メンゼル(エルサ)、ジョナサン・グロフ(クリストフ)、ジョシュ・ギャッド(オラフ)、サンティノ・フォンタナ(ハンス)、アラン・テュディック(ウェーゼルトン公爵)、キアラン・ハインズ(パビー)、クリス・ウィリアムズ(オーケン)


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


四ヶ月ぶりの映画鑑賞だ。
4月の消費税増税に伴う映画料金の値上げにより、鑑賞意欲が沸かずに劇場に足が向かわない状態だった。
「ローン・サバイバー」「ブルー・ジャスミン」「それでも夜は明ける」他、見たかった映画も劇場スルーになってしまった今、気力を振り絞って劇場に向かった。


アレンデール王国、王家のエルサ(声:イディナ・メンゼル)とアナ(声:クリステン・ベル)は姉妹。
触れた物を凍らせてしまう魔法を持つ姉のエルサは幼い妹と遊んでいる時にアナを傷つけてしまった。
両親は禁断の力でを離れ離れに育てることにしたが、まもなく両親は航海途中の遭難に巻き込まれてしまった。
エルサはアナを傷つけることを恐れ、自分の世界に閉じこもり、アナは姉に嫌われたと思い込んで時が過ぎ去る。
やがて成長したエルサは女王の座に就くこととなり、戴冠式の日に久々に国民の前に姿を見せるが、意志に反して“禁断の力”で真夏の王国を真冬の世界に変えてしまう。
エルサは制御できない自分に耐えきらずに雪山の奥へ逃げ出して、自らの力を存分に解放し、“雪の女王”としてありのままの自分を見出す。
運命に引き裂かれた王家の美しい姉妹エルサとアナ・・・
アナは姉と凍った王国を救うため、山男のクリストフ(声:ジョナサン・グロフ)とその相棒のトナカイのスヴェン、夏にあこがれる雪だるまのオラフ(声:ジョシュ・ギャッド)とともに、エルサのいる雪山の奥へと旅に出る。
果たしてアナは、姉エルサの凍った心を解かし、凍ったアレンデール王国を救うことが出来るのだろうか・・・

今年の第86回アカデミー賞では長編アニメーション賞を受賞し、主題歌賞を受賞した「Let It Go」のヒットとともに興行の方でもあの「タイタニック」が日本で記録した260億円の興行収入記録をまもなく破るといわれている(2014年7月25日現在)大ヒットを記録しているディズニーアニメ。


挿入歌「Let It Go」も耳に残るけど、ここまでヒットするほど賞賛される映画なのかと言えば疑問が残る。
前半からエルサが山中で氷の城を築き上げるシーンまでは物語の展開がスピディーで映像も綺麗。
だが、感情を高ぶらせるほどの感動は伝わらない。
キャラクターに深みが足りないので、物語の設定と行動に繋がる葛藤が沸かない。
別の言い方をすれば子供たちにとっては丁度いいくらいの作りである。
もはや擦れ過ぎた僕が観てはいけないジャンルかもしれない・・・ ´_ _)ゥン


三月に映画が公開されて以降、ショッピングモールやファーストフード店では親子連れの小さな子供達が、主題歌の「Let It Go」を口ずさむ場面に遭遇する機会が多いくらい、今年上半期話題を呼んだ映画だった。
昔に比べてセンスある邦題が少ない現状のなかで、原題の「Frozen」を「アナと雪の女王」にした邦題も結果オーライだね。
ディズニージャパンにとっては、想定外のヒットで浮かれきった状態だろうと思う(~ー~;)
(社員は臨時ボーナスの請求を怠らないように・・・)
しかし、興行的、批評的にも大成功した影響で、来シーズンのゲレンデには、オラフの雪だるまが増えるのは間違いない (~ー~;)







─────────
■ キーワード
─────────



「怒りや恐れが判断を誤らされる」


「冬がこんなに美しいなんて・・・
  “でも、真っ白すぎると思わない?・・・ちょっと色が点いていたらどうかな?”」


「アナの為なら融けてもいいよ・・・」





─────────────────
■ 映画の採点  ★★★☆☆
─────────────────



備考

100点満点で点数は★20点 ☆5点

★★★★★ 有数の傑作
★★★★  見逃せない
★★★   見応え充分
★★    話題作だけど…
★     ダメだ、こりゃ…






スポンサーサイト

PageTop

ホビット 竜に奪われた王国

ホビット 竜に奪われた王国


原題:The Hobbit: The Desolation of Smaug
公開:2014/2/28
製作国・年:アメリカ映画・2013年
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:2時41分/CS/デジタル
鑑賞日:2014/4/4  シネマイクスピアリ(S6)

監督:ピーター・ジャクソン
出演:イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミテージ、オーランド・ブルーム、エバンジェリン・リリー、リー・ペイス、ルーク・エバンス、スティーブン・フライ、ベネディクト・カンバーバッチ


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


邪悪な竜に奪われたドワーフの王国を取り戻す為に、
トーリン・オーケンシールド(リチャード・アーミテージ)率いる13人のドワーフは、魔法使いガンダルフ(イアン・マッケラン)とホビット族の青年ビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)と共に、森の中にあるエルフの王国に囚われたり、巨大な蜘蛛の群れに襲われたりと危機を乗り越えながら、失われた王国奪還の旅が続く・・・ 

J・R・R・トールキンの原作を映画化した「ロード・オブ・ザ・リング」三部作の前章となる「ホビット」シリーズ三部作の第二部。


映画の見所はドワーフ達が樽に乗って水路で繰り広げるアクションシーン。
そして、邪竜スマウグの声のみを演じるベネディクト・カンバーバッチの声の響き渡りが抜群で、スマウグの存在感が十分に伝わる。
だが、退屈せずに見れるのだが、ワクワクしたり興奮する感情がおきない・・・
物語のキャラクターが多く、キャラクター名も長ったらしくて、いちいち覚えようという気力がわかない (;´ρ`)
“ロード・オブ・ザ・リング”の世界観に詳しくて、若い感性があれば十分に楽しめる映画とは解っていても、50代手前に差し掛かると感受性の鈍化の為にこの手のファンタジー系映画が苦手になりつつある自分の人生の終着時期が近づきつつあることだけは感じている・・・´_ _)ゥン

そういえば、Amazonから「ロード・オブ・ザ・リング スペシャル・エクステンデッド・エディション」(初回限定生産) [Blu-ray] の告知がきた。
http://t.co/fxE8Cen5qc
単体価格ではあるのだが、今後シリーズ三作が再販されてAmazonの値下げのタイミング次第では9000円前後で購入できそうだ。
これまでの販売元がポニーキャニオンの場合、ほとんどの作品が高価格設定で
「ロード・オブ・ザ・リング エクステンデッド・エディション トリロジーBOX」のBlu-rayは定価が¥29160で、欲しくてもなかなか手が出せなかったが、悪徳業者ポニーキャニオンからワーナーに移ったので、価格的には買いやすくなった。
車上生活の身から解放されたら、リビングで「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズを見直して、感性を取り戻すリハビリに挑みたい。


ところで、いつも利用している舞浜のイクスピアリもこの映画の鑑賞から増税の影響で、レギュラー料金の高校生のみは値下げで1200円、レディースデーは据え置きだけど、レイトショー料金1000円が1200円に値上げされていた。
たかが200円の値上げだが、映画を見に行きたいという意欲がなくなりつつある。
しかし、高校生の1200円という料金も高いよな・・・







─────────
■ キーワード
─────────



「アーケン石、それがあれば世界を支配できると?」


「戦いが続けば悪がはびこり続ける」


「洞窟で見つけたものが・・・それは“勇気”です」


「教えてくれ、汚らわしい泥棒よ・・・どんな死が望みだ?」






─────────────────
■ 映画の採点  ★★★☆☆
─────────────────



備考

100点満点で点数は★20点 ☆5点

★★★★★ 有数の傑作
★★★★  見逃せない
★★★   見応え充分
★★    話題作だけど…
★     ダメだ、こりゃ…


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。