うまんちゅの惑星

40代。午年生まれ。夢を失い失望の連続で惑星の果てを彷徨ってる気分だが、“なんくるないさ”の気持ちで日々の出来事を綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

すがわら

ホテル街
年の瀬が押し迫った29日の夕方、1年ぶりに会う知人から夕食をご馳走になった。

向かった場所は歌舞伎町のラブホテル街の中にある寿司屋「すがわら」

ラブホテル街を男二人で歩く。
定年で悠々自適に生きているこの知人と歩くことが果たして公序良俗違反にならないのか?という考えに自問自答しながら、頭を整理していた (゚-゚;)ウーン

それは、すれ違う数組のカップルの視線が僕には異様に受けていたからだ。


寿し処すがわら“僕にはゲイの趣味は絶対ありません”と否定したかったが、信じてもらえない雰囲気が漂っていた。
僕がそう思いながら歩いていても、隣を歩いているこのおっさんがいきなり手を握ったりしないだろうか?と、突然豹変する可能性も想定しなくちゃと思い、意識的に離れて歩くことにしていた
(予測、予防は大事です!!)・・・(゚_゚i)タラー・・・



午後6時15分入店した。
表の看板、電気点いていないよと声をかけるけれど、全然気にしていない様子。

僕がここに来るのは5、6年ぶり、二回目の来店。
前回も、この知人に連れてこられた。

ここは開店から17年になるらしいけれど、
とにかく店主の口がある意味悪いのだ (;~〓~) アセアセ

“うちは右肩下がりだから”と、平気な顔して、僕を値踏みする視線で機関銃のように捲し立てる。
悪く言えば客に媚びないんだろうけど、この店はある意味、異質かもしれない。

常連さんから支持されているから17年も続いているんだろうけれど、気の弱い普通の客が店から遠のく気持ちがこの店主には理解できているのだろうかと、僕は思う・・・
逆に考えると、儲けたいと金に執着する様子が全然感じない。


ツマミ
□つまみ

かわはぎ
□かわはぎ

「お久しぶりです。僕も落ち目な人生で何とか生きていますが、この汚れた街の中に健在しているこの店で強運をつける為に伺いました」と、山形出身のこの店主に僕も対抗心で挑む。(^▽^;)

すかさず店主が
「おめぇ、まだくたばちゃいねぇのかよ」と言われた。

僕の顔は覚えていると言っていた。
記憶力はあると自慢もしていたヽ(*'0'*)ツ
もちろん顔には温かみのあるニヤついた表情だが、初めての客なら動揺するやり取りに見えるであろうけど。


知人いわく、この店主にはネタにこだわりがあって、値段のわりに味のほうは高級鮨屋と変わらないと言う。
今回も料金の相場がわからないけれど、感覚的には一人あたり7~8000円位かなぁと思う。


さばにぎり
□さばにぎり


茶碗蒸し
□茶碗蒸し

この日は
瓶ビール1本、日本酒中瓶1本。
魚のあら汁と、山芋のざく切、カブの漬物。
つまみ一式、かわはぎのさしみ。
茶碗蒸し。
そして、さばとかわはぎのにぎりを口にした。


滞在中の客は僕ら二人以外の入店はなかった。
ちなみに前日は貸切、そして年内最後の30日も貸切の予定があると控えめに自慢していたのを僕は聞き逃さなかった ヾ(-д-;)


店をあとにする時に
「僕が出世するまで、この不況を乗り切って耐えて下さいよ」と言うと、

「おめぇが出世するハズはねぇだろう」と言い返されてしまった (;´Д`A ```

すかさず隣の知人が
「宝くじが当たったら店ごと買い取るから俺の下で使ってやる」と切返していたヾ(▽^ヾ)





お店情報 /////////////////////////////////////////////////////


すがわら


電  話 ■ 03-3200-2662

住  所 ■ 東京都新宿区歌舞伎町2-14-14

アクセス ■ 都営大江戸線東新宿駅 A1番出口から徒歩3~4分 

営業時間 ■ 月~土18:15~

休 業 日 ■ 日・祝

スポンサーサイト

PageTop

ウキウキした夜

休日の朝、朝マックしながらの窓越しに見上げる空の青さに落ち着けるのは、若さを失い、年老いた証拠だろうなぁ、とつくづく思う (~ヘ~;)

昨晩はこの冬一番の冷えだったが、上着はTシャツに薄手の長シャツにフリース、そして厚めのセーター二枚を重ねた五枚着。下着は毛糸のタイツとトレパンを着込んで、二枚の毛布を入れた寝袋に潜り込む。
因みにもっと寒くなれば、毛布をもう一枚加えて、手袋とニット帽も着用せねば眠れない。
去年、今年と風邪に掛からずに済んだのも、上京した七、八年前に比べれば随分と苦痛を和らげる環境を作れるようになったせいと、知人の方に教わったミカンを皮ごとジューサーにして飲むおかげかなぁと思う。

冷え冷えした早朝、空気の澄んだせいで、臨海界隈からは富士山もくっきりと眺められる。
恐らく首都圏を被っているであろうと思う、目に見えず、臭いもしない放射性物質の影響もあるだろう、と言えば友達を失いそうだが、幸い僕には友達がいないので、好きなだけ毒舌が言えるのは幸せかもしれない (*^.^*)

クリスマス寒波到来の昨夜は250円キャンペーンの牛丼(並)で腹ごしらえして、レンジでチンした日本酒のカップ酒を飲みながら、聖なるクリスマス連休に突入してウキウキした夜を楽しもうと、僕は寝袋の中で楽しい事を想像しようと必死に努力しながらも空しく眠りに堕ちた・・・

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。